“全体的に短い”特徴も 千葉県の河川 【千葉地理学会連載 おもしろ半島ちばの地理再発見】

 「千葉県の河川」というと、多くの人がまず利根川をイメージするのではないかと思います。

 利根川は新潟県と群馬県の境にある大水上山(おおみなかみやま)を源として、関東平野を南北そして東に横切り、銚子市を河口にして太平洋に注ぎます。長さ約322キロで ・・・

【残り 1101文字】



  • LINEで送る