明治の文豪は酪農家 新時代への覚悟伝える 山武・伊藤左千夫の歌碑 【あの牛この牛そんな牛地域にまつわる干支セトラ】(3)

 山武市出身の伊藤左千夫(1864~1913年)は、小説「野菊の墓」や近代歌壇の一派「アララギ派」を盛り上げたことで知られる。文豪として名をはせる一方、左千夫は酪農家として牛乳を販売していた。 ・・・

【残り 852文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る