元プロ選手が熱血指導 巨人OB中畑清さんら 成田で少年野球教室

走塁のこつを指導する中畑さん(右)=3日、成田市
走塁のこつを指導する中畑さん(右)=3日、成田市
飯田さん(中央)が走塁を実演。中畑さん(右)らとともに早く進塁する方法を指導した=3日、成田市
飯田さん(中央)が走塁を実演。中畑さん(右)らとともに早く進塁する方法を指導した=3日、成田市

 世界少年野球推進財団の少年野球教室が3日、成田市の中台運動公園野球場で開かれ、市内の小学生野球チームの約80人が巨人OBの中畑清さんら元プロ野球選手の指導を受けた。

 JA全農が協力して毎年全国各地で開いており、今年で28年目。講師は中畑さんのほか、飯田哲也さん(元ヤクルト)、西崎幸広さん(元日本ハム)、田村藤夫さん(同)が務めた。

 走塁では、中畑さんが「ベースの手前で足を合わせようとするとスピードが落ちる。全力で駆け抜けろ」とジェスチャーを交え熱血指導。飯田さんは「ベースの角を蹴ることで速度を維持したまま二塁を目指せる」などと基本を伝えた。

 参加した市立公津の杜小6年の山本哲平君(12)は「とても分かりやすく教えてもらい、これまで知らなかったことを学べた。普段の練習や試合で生かしたい」と目を輝かせた。


  • LINEで送る