認知症テーマに講演 スミセイさわやか介護セミナー開催

認知症について講演する細井氏
認知症について講演する細井氏

 講演と実技を通して、高齢者の介護について考える「スミセイさわやか介護セミナー」(住友生命社会福祉事業団、千葉日報社共催)が19日、美浜区のホテルグリーンタワー幕張で開かれた。袖ケ浦さつき台病院で認知症疾患医療センター長を務める細井尚人さん、歌手・橋幸夫夫人でエッセイストの橋凡子さんが高齢者の認知症について講演した。

 細井さんは「認知症と共に生きる~医療との上手な付き合い方」をテーマに講演。認知症医療の現状などを紹介しながら、患者とその家族に向けて「適度な運動、家族や友人との会話、人生に生きがいを持つことが認知症の予防、または進行を遅らせるのに役立つ。何よりも効果的なのは、笑顔を絶やさないこと」などとアドバイスを送った。

 同セミナーは今月26日(午後1時半開演)も行われ、県ホームヘルパー協議会の永堀清子さん、久保田恵子さんらが「家族と共に暮らせる介護」をテーマに家庭でできる介護の実技を参加者に指導する。当日の参加可(参加無料)。


  • LINEで送る