2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

銚子も海岸駐車場閉鎖 サーファー集中回避 【新型コロナ】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため閉鎖された海辺の駐車場=24日、銚子市
新型コロナウイルス感染拡大防止のため閉鎖された海辺の駐車場=24日、銚子市

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、銚子市は24日、千葉県内外から多くのサーファーが訪れる「銚子マリーナ海水浴場駐車場」を閉鎖したと発表した。きょう25日からは、来訪者対策のため「君ケ浜しおさい公園」の駐車場も閉鎖する。

 閉鎖期間はいずれも5月6日までだが、状況によって変更する。市は地元サーファーからなる「銚子サーフィンクラブ」(白土勝久会長)と連名で、サーフィンの自粛を求める立て看板を市内数カ所に設置した。

 同クラブによると、銚子マリーナ周辺には緊急事態宣言後、市外から多くのサーファーが訪れていた。同クラブは「地元サーファーは自粛している」と説明。会員制交流サイト(SNS)などを通じ、サーファーに自粛を呼び掛けている。

 越川信一市長は24日の会見で「銚子を守るため大型連休の来訪を防ぐことが必要」と強調。「緊急事態宣言中は来ないでもらいたい」と観光や帰省での来訪自粛と、銚子から東京などへの移動を控えるよう訴えた。


  • LINEで送る