5月限定!登録無料キャンペーン実施中

佐倉チューリップフェス開幕 色鮮やか100種80万株

開幕したチューリップフェスタ。オランダ風車の周りに100種80万株が植えられている=1日、佐倉市
開幕したチューリップフェスタ。オランダ風車の周りに100種80万株が植えられている=1日、佐倉市

 東日本最大級とされる約100種、80万株のチューリップが楽しめることで知られる「佐倉チューリップフェスタ」が1日、佐倉市の佐倉ふるさと広場で開幕した。初日はあいにくの雨となったが、広場のシンボルであるオランダ風車とともに赤やピンク、黄色のカラフルな花々が来場者を出迎えていた。26日まで。

 市観光協会などによると、チューリップは市内全小学校の5年生や、前年に集まった協力金などで球根を購入し植栽。フルーツのような甘い香りの「サネ」をはじめ、香り系「バイキング」「プリシマ」や、咲き進むにつれて色が変わっていく「シャーリー」「ホーランドチック」「スーパーモデル」など、多彩な品種がそろう。

 現在は早咲きを中心に1~2割程度で、来週末ごろから全体の5割ほど咲き、見頃を迎えるという。

 会場ではチューリップの掘り取り販売(10本500円)を実施しているが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オランダ衣装の貸し出しとストリートオルガンの演奏、印旛沼遊覧船などは中止となった。

 新型コロナの感染状況によっては会期途中でもイベント自体の中止を検討するという。

 入場無料。時間は午前9時~午後4時。有料駐車場(千円、約500台)。問い合わせは市観光協会(電話)043(486)6000。


  • LINEで送る