2020夏季千葉県高等学校野球大会

急勾配の瓦ぶき特徴 芝山「伊東家住宅主屋」 【登録有形文化財に】

急勾配の屋根が特徴の伊東家住宅主屋=芝山町小池
急勾配の屋根が特徴の伊東家住宅主屋=芝山町小池

 登録されれば芝山町初の有形文化財(建造物)となる伊東家住宅主屋(同町小池)は、瓦ぶきにもかかわらず茅(かや)ぶきのような急勾配の屋根が特徴。北総地域の大規模民家を代表するような構造で、その歴史的景観への寄与が高く評価された。

 町教育委員会によると、名望家の伊東祐之(すけゆき、1864~1901)が明治20年代半ばに建てた木造平屋建て住宅で、建築面積は218・77平方メートル。建築当初の外観、構造、間取りをほぼ残し、正面に下屋を付し、中央に式台玄関を設けている。内部は南東に土間、北西に付書院、組子欄間、床の間を設けた「オクノマ」(主座敷)を置く。

 平瓦と丸瓦を一つにまとめた波状の形をした瓦による桟瓦(さんがわら)ぶき屋根が特徴で、勾配が大きい。江戸後期の大規模民家に見られる茅ぶき屋根の小屋構造を応用したと考えられ、茅ぶきからの過渡的様相を示しているとされる。

 伊東は県立千葉中学校(現県立千葉高校)卒業後、地元の小池尋常小学校の教員や校長を務め、1889年に休職して渡米。法律学を修め90年に帰国し、日本銀行で営業課長を務めた。欧米視察中の1901年、オランダで病により38歳で死去した。

 相川勝重町長は「町で初めての登録答申をうれしく思う。郷土の偉人の掘り起こしとともに地域の新たな文化財として周知していきたい」とコメントした。


  • LINEで送る