カムロちゃんと「福は内!」 佐倉でプレゼント付き豆まき

来場者に節分の豆まきをするカムロちゃん、チーバくんら=2日、佐倉市
来場者に節分の豆まきをするカムロちゃん、チーバくんら=2日、佐倉市

 佐倉市飯野の草ぶえの丘で2日、節分を前に一足早い恒例の豆まきが行われた。3月末で「おもてなしキャラクター」を卒業する市の人気キャラクター、カムロちゃんやチーバくんが「福は内」の掛け声とともに縁起物の福豆をまくと、大勢の家族連れらは今年1年間の福を呼び込もうと、歓声を上げながら手を伸ばしていた。

 2年続けて登場したカムロちゃんは懸命に縁起物の福豆をまき、法被姿の年男年女らと一緒に会場を盛り上げた。子どもたちは「こっち、こっち」などと大はしゃぎ。豆袋の中には、米や花の苗、地場産野菜のプレゼント券が入っており、引き換え所で開封した客たちは笑顔を見せた。

 年男年女として、家族3人でステージ上から福豆などをまいた市内の会社員、瀬戸辰徳さん(35)は「会場の熱気が伝わってきた。今年は十二支最初のねずみ年なので、今後に発展するきっかけづくりができる年になれば」と話した。

 会場には約600人が来場。家族3人で来た市内の主婦、遠藤由美子さん(37)は「健康第一で過ごせたら」。茨城県つくばみらい市の会社員、多田弦太さん(42)は、長男の寅之助ちゃん(4)を見つめながら「家族が元気で、楽しく過ごせたら」と願った。


  • LINEで送る