「早く1軍マウンドに」 阪神・及川投手、出身地の匝瑳で抱負

太田市長(右)を訪問した及川投手=26日、匝瑳市役所
太田市長(右)を訪問した及川投手=26日、匝瑳市役所

 プロ野球・阪神タイガースにドラフト3位で指名され入団した匝瑳市出身の及川雅貴投手(18)が26日、太田安規市長を訪問した。長身左腕で、最速153キロの速球と多彩な変化球のコンビネーションが武器の及川投手。「小さい頃からの夢だったプロ野球選手にようやくなれた。精いっぱい練習して、なるべく早く1軍で投げられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 及川投手は小学生時代に地元少年野球チーム「須賀スポーツ少年団」に入団。中学進学を契機に硬式野球チーム「匝瑳リトルシニア」に入り、15歳以下の国際大会「2016 WBSC U-15ベースボールワールドカップ」に日本代表選手として出場。大会最優秀防御率を獲得した。

 高校は松坂大輔投手らを輩出した名門・横浜(横浜市)に進学。2年生の秋からエースとなり、甲子園のマウンドにも立った。千葉ロッテに入団した佐々木朗希投手らとともに“高校BIG4”の一人として、活躍が期待されている。

 市長訪問には及川投手の両親、匝瑳リトルシニアの宇野裕会長らも同席した。及川投手は太田市長から花束を受け取ったほか、色紙などにサインを書いて渡した。

 匝瑳市出身では、17年の伊藤翔(西武)、18年の鎌田光津希(千葉ロッテ)に続くプロ野球選手の誕生。太田市長は「うれしい限り。匝瑳を背負って活躍してほしい。市民全員で応援したい」などと激励した。

 来月上旬に兵庫県西宮市の寮「虎風荘」に入寮予定という及川投手。記者団に対し「(市長訪問に)何度か来たことはあるが、これまでとは違った感じがした」とし、「活躍して匝瑳市の名を全国に広めていきたい」と抱負を語った。


  • LINEで送る