色とりどり「輝きの園」 クオードの森でイルミ 市原 【師走スケッチ2019】

起伏を生かしたイルミネーションが人気を呼ぶ=市原市のクオードの森
起伏を生かしたイルミネーションが人気を呼ぶ=市原市のクオードの森

 市原市柿木台にある自然が豊かな公園「いちはらクオードの森」で、冬の風物詩のイルミネーションが人気を呼んでいる。

 起伏を生かして色とりどりのLED電球が飾り付けられており、森の中に浮かぶ「輝きの園」が来園者を魅了する。森を管理する団体「安由美会」の鈴木恒雄副代表(69)によると、9月下旬から今シーズンの準備に入ったが、台風や大雨により一部を外し付け直すなど苦労したという。

 鈴木さんは「『来て良かった』と言ってもらいたいとの思いで設置した」と話しながら、クリスマスに向けて見学者の増加を期待している。

 点灯は、27日までが午後5~8時、来年1月4~13日は午後5~7時。見学と駐車場は無料、豚汁や甘酒、野菜などを販売。問い合わせは同森(電話)0436(96)1119。


  • LINEで送る