伝統の炭焼き、一人守る 重労働も技術向上に知恵 大多喜・関田喜世春さん

 大多喜町内でかつて盛んだった炭焼き。技術の進歩で家庭で炭を使うことが減り、今も生産を続けるのは宇野辺集落の関田喜世春さん(69)だけになった。山から木を切り出し、 ・・・

【残り 728文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る