頑張ってます生産者 熊坂さん初優勝 多古米グランプリ

多古米グランプリで初優勝した熊坂さん(中央)=多古町
多古米グランプリで初優勝した熊坂さん(中央)=多古町

 県を代表するブランド米「多古米」(コシヒカリ)の頂点を決める「多古米グランプリ」が29日、道の駅多古隣接特設会場で開かれた。農業関係者ら5人が審査し、熊坂茂幸さん(68)が初優勝を飾った。

 グランプリは、粘り気があり、冷めてもおいしいコメとして知られる多古米の魅力を発信するために開かれており、今年で8回目。予選には約50人の応募があり、食味計を使った審査で7人が決勝に進んだ。

 決勝ではごはんソムリエらが外観や香り、味などを入念にチェック。毎年挑戦し続け、ついに優勝した熊坂さんは「道の駅で毎年土壌診断をしてもらい、土の改良を重ねた。異常気象もあったが、おいしいコメを作れて良かった」と笑顔を輝かせた。

 実行委員会会長を務めたJA多古町の飯田正一代表理事組合長は「台風15号もあったが、町の生産者は元気に頑張っている。温かく見守っていただければ」と話した。

 準グランプリには鎌形健一さんと林秀紀さんが選ばれた。町によると、熊坂さんが生産した多古米は、道の駅多古内の食堂などで使われるという。

 会場内では、台風15号により被害を受けた同町の復旧に向けた様子が写真で紹介され、来場者は応援メッセージを書き込んだ。


  • LINEで送る