サル、自転車の男子高生襲う

  • LINEで送る

 市原市の田淵旧日竹地区で、自転車の男子高校生(18)がサル3匹に追い掛けられていたことが23日、分かった。高校生は逃げて、けがはなかった。
 
 22日午前10時50分ごろ、高校生が道路を自転車で走っていたところ、畑の方向からサル6~7匹が、目の前に飛び出てきた。そのまま走行していたら、後ろから3匹のサルが追い掛けてきたという。高校生は「初めての経験。上り坂だったので怖かった」と話している。
 
 連絡を受けた市は23日、ホームページやメールなどを通じて注意を呼び掛けている。市農林業振興課は「(サルに)追い掛けられたケースは聞いたことがない」としている。
 同課によると、現場周辺には野生のニホンザルが群れで生息している。また、今年は、例年に比べて農作物被害に関する相談が多いという。