583人の期待とともに開園 保幼小中一貫「嶺南学園」 南房総

  • LINEで送る

開園式で校歌を歌う子どもたち=17日、南房総市の嶺南学園
開園式で校歌を歌う子どもたち=17日、南房総市の嶺南学園
中学校を中心に、小学校と子ども園を併設して完成した南房総市立嶺南学園(同市教委提供)
中学校を中心に、小学校と子ども園を併設して完成した南房総市立嶺南学園(同市教委提供)

 保育所、幼稚園、小学校、中学校を集約した南房総市立嶺南学園(森田典子学園長)の開園式が17日、同市沓見で開かれた。同一敷地内の「保幼小中一貫校」整備は、2017年に開園した富山学園に続き市内2例目。参加した子どもたち583人は、幅広い世代の交流に心を弾ませつつ、学園生活の第一歩を踏み出した。

 同市では「小1プロブレム」「中1ギャップ」といった接続部分の課題解決や多世代交流を促す目的で、0~15歳の一貫教育を推進。本年度から市内すべての保育所、幼稚園、小学校、中学校を地域ごとに学園化し、連携した教育を行っている。

 嶺南学園は、市立嶺南中の敷地内に併設する形で小学校と子ども園を整備。丸山・和田地区の3小学校と3幼稚園、2保育所を統合し、嶺南学園が誕生した。

 開園式で、子どもたちは園歌や校歌を披露した後、「みんなで力を合わせ、私たちの手で嶺南学園をつくり上げていきます。ウィーアー嶺南!」と唱和。森田学園長は「幼児や児童生徒、職員一人一人が主役となって、新しい伝統を創り上げていくことを期待する」とあいさつした。