なでしこプレーでファン魅了 試合前から長蛇の列 フクアリでINAC神戸-ジェフ千葉

けがでリハビリ中のジェフ千葉レディース・丸山桂里奈選手もサイン会でファンと交流した
けがでリハビリ中のジェフ千葉レディース・丸山桂里奈選手もサイン会でファンと交流した

 沢穂希選手ら女子サッカー日本代表の7人が所属するINAC神戸レオネッサが23日、中央区のフクダ電子アリーナで開かれた「なでしこリーグ」でジェフ市原千葉レディースと対戦し、世界一の技でファンを魅了した。試合前には、けがで戦線を離れているジェフの丸山桂里奈選手らもサイン会に登場。未来の“なでしこ”たちと交流した。

 ワールドカップでの優勝に続き、ロンドン五輪本戦出場を決めたとあって、会場は試合前から長蛇の列。憧れの選手たちのプレーを一目見ようと、県内各地の女子サッカーチームの子どもたちが詰め掛けた。

 試合は、代表メンバーの川澄奈穂美選手の活躍でINAC神戸が3-0で快勝した。


  • LINEで送る