開通前の外環道を走破 一度きりマラソン大会に3700人 同時開催見学会、物産市も盛況 市川

  • LINEで送る

外環道マラソン大会で一斉にスタートを切る子どもたち=4日、市川市
同時開催の工事区間見学会にも多くの来場者が訪れ、担当者から外環道の概要を聞く姿がみられた
マラソン会場の隣では地元物産市も開かれ、市川のナシを使ったバウムクーヘンなどが人気を集めた

 開通前の外環道を走る「外環道工事区間マラソン大会」が4日、市川市で開かれ、約3700人が一度きりの貴重なランに汗を流した。晴天も手伝い、同時開催の地元物産市や工事区間見学会も大盛況だった。

 マラソンは市川北インターチェンジができるエリアの半地下の道路を会場に行われた。スリット状の天井から日光が差し込み、地上よりひんやりした空気の中、参加者は二度と走れないコースを楽しむように次々とスタートを切っていった。

 3キロ、10キロ、ハーフのほか親子限定の1キロも用意。親子1キロで1位になった習志野市の小学3年、浅野快介君(9)は「車で走る道なので不思議な感じがした。1位を取れてうれしかった」と喜びの表情。父で教員の英樹さん(40)は「よくマラソンはしているが、いつものコースとは全然違い気持ち良かった」と話した。

 マラソンコースの反対車線は見学会場として一般開放され、多くの来場者が開通前の高速道路を歩いてみようと押し寄せた。

 隣接する開業前の「道の駅いちかわ」用地では、地元物産市が開かれ、JAいちかわや市内飲食店が新鮮な野菜や自慢の料理を販売した。山崎製パンは市川のナシを使ったバウムクーヘンを用意したが、予想を上回る人気で品切れになるほどの盛況ぶりだった。

 今回のイベントは市川市と市川商工会議所が実行委員会を立ち上げ、国土交通省関東地方整備局首都国道事務所とNEXCO東日本の協力で開催した。