2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

正しく使えば便利なSNS LINEで子育て情報 千葉県内初のアカウント開設 銚子市

 急速に普及するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。パソコンや携帯電話を使った通信システムを有効に活用しようと、教育現場や行政で「ルール作り」「新サービス」などの取り組みが進められている。

 保育所の入所手続きや健康相談など子育て世代に有益な情報を届けようと、銚子市は無料通信アプリ「LINE」に、子育ての関連情報を発信するためのアカウントを開設した。子育て情報発信に特化したLINEのアカウント開設は、県内初という。

 必要な情報が届きにくいとされる子育て世代に、利用者の多いSNSを活用して情報発信しようと開設した。0歳児~小学生ぐらいまでの保護者がターゲット。

 同市内の商業施設で行われる子育てコンシェルジュの出張相談、保育所や幼稚園、放課後児童クラブの入所手続に関する案内、幼児向け絵本の読み聞かせなど子育て世帯向けのイベント情報などを発信している。

 同市によると、アカウントは先月開設し、これまでに約600人が登録した。同市では、12歳未満の子どもがいる世帯は約2800世帯。同市は千世帯の登録を目標に掲げている。

 IDは「@mii9412r」で、アカウント名は「銚子市」。LINEのID検索の画面からIDを検索し、登録してもらう。問い合わせは同市子育て支援課、電話0479(24)8967。


  • LINEで送る