1000人が仮装パレード 商店街でハロウィーン 市川

 31日のハロウィーンを前に、市川市の行徳駅南口商店街で、仮装パレードがあり、市民ら千人以上が参加した。

 行徳商店会連合会などが主催し、今年で2回目を迎えたイベント「行徳ハロウィン」。実行委員会によると、パレードは事前に参加者を募ったところ、千人以上の応募があった。「パンプキン号」や「パイレーツ号」など四つのグループに分かれて商店街を練り歩き、ドラキュラや海賊、ゲームや映画のキャラクターなど思い思いの仮装をした人でにぎわっていた。

 家族で任天堂のゲームキャラクターに扮(ふん)して参加した同市に住む宮佐僚君(8)は「お菓子をもらえるのが楽しみ」と話していた。

 小学生以下の子どもが商店街のお店でハロウィーンの合言葉「トリック・オア・トリート」などと呼び掛けるとお菓子がもらえる演出もあり、仮装姿の子どもたちが行列を作っていた。


  • LINEで送る