気になるあの記事を「ツイセキ!!」 鋸山が「日本遺産」に!? 審査に向けた取り組みを追う 千葉日報×J:COMコラボ第5弾

 富津市と鋸南町にまたがる、標高329メートルの鋸山。山の富津市側には、石切り場の見事な遺構が残り、鋸南町側の南麓には、日本寺を中心に、30メートルを超える磨崖大仏など仏教関連遺跡が点在する。2021年7月、自然と歴史の魅力あふれるこの低名山を、文化庁が「日本遺産」の新たな候補に選出した。審査は3年後。認定を目指す両市町は、どのような取り組みをしてきたのか。

 千葉日報が過去に報じた新聞記事をケーブルテレビ局「J:COM」が追跡取材し、映像番組としてお届けするコラボ企画「ツイセキ!!」スタッフが、現在までの姿を追っ ・・・

【残り 1056文字】



  • LINEで送る