ポルシェ、ブガッティ…小江戸佐原に往年の名車 香取など千葉県内市町駆け抜ける ラリーイベント

ラリーイベントの3日目、栃木県日光市から茨城県を経て佐原に着き、歴史的町並みを走り抜けたクラシックカー=香取市(画像は一部加工してあります)
ラリーイベントの3日目、栃木県日光市から茨城県を経て佐原に着き、歴史的町並みを走り抜けたクラシックカー=香取市(画像は一部加工してあります)
歌手の近藤真彦さん(搭乗者左)も参加した=香取市
歌手の近藤真彦さん(搭乗者左)も参加した=香取市

 千葉など1都6県の公道をクラシックカーで走るラリーイベント「ラ・フェスタ・ミッレミリア」が6~9日の4日間の日程で行われた。イベント3日目には、江戸情緒が残る香取市の佐原の町並みをポルシェやブガッティなど往年の名車56台が駆け抜けた。

 6日に東京・原宿を出発し、福島、宮城、山形、栃木、茨城、千葉県を巡り、東京都港区に戻る約1260キロのコース。歌手の近藤真彦さんやタレントの堺正章さんも参加した。

 3日目は栃木県日光市からスタート。茨城県を経由し香取市と成田市を走った。歴史的建造物が建ち並ぶ香取市の小野川沿いには、午後4時ごろにクラシックカーが続々と到着。沿道では旗を持った観客が「頑張れ」などと声援を送った。チェックポイントで伊藤友則市長と観光大使「ミスあやめ」が出迎え、記念品を手渡した。

 最終日は、成田市から始まり、芝山町、一宮町、茂原市、市原市、木更津市、千葉市美浜区など県内各市町を通過した。


  • LINEで送る