農水被害5億円 停電断水ほぼ解消 【台風19号】

 12日に襲来した台風19号による千葉県内の農林水産被害額は、県の16日時点の集計で5億400万円に上った。漁具倉庫など被害額を調査中の施設も多く、今後も増える見通し。住宅被害は把握が進み、11市町で663戸に拡大した。

 ビニールハウスなど農業施設被害が1億2500万円。台風15号で飛んだビニールを張り直した後に被災した農家も。農作物被害は3億4542万円で、ネギやトマトが倒れた。

 水産分野では南房総市で650キロ分の伊勢エビが死んだ。酸素を送る設備が停電で止まり、自家発電設備も高潮で故障したという。

 13日未明に約13万戸だった停電は16日夕にほぼ解消。ただ、倒木などで復旧困難な地区も一部で残っているという。断水は君津市の26戸を残して解消。管の洗浄が終わり次第、17日中にも全面復旧する見通し。

 台風15号の県内被害は、県集計によると住宅が計4万2528戸、農林水産業で427億5500万円。


  • LINEで送る