「何も公表できない」 子会社副社長・状況報告で千葉県・市訪問 パナ茂原工場売却問題

 液晶パネルを製造するパナソニックの茂原工場の売却方針が浮上している問題で、工場を運営する同社子会社のパナソニック液晶ディスプレイ、西村一之副社長が24日、状況報告のため茂原市と千葉県を訪れた。

 同市では田中豊彦市長が対応。市商工観光課によると、田中市長は「市民の間で雇用などに関し不安が広がっており、市にもどうなってるのかと問い合わせが寄せられている。どういう状況か聞きたい」と説明を求めたが、西村副社長は「報道は当社で発表したものではなく、何も公表するものはない」と回答するにとどまったという。田中市長は「今後、情報があれば速やかに教えてほしい」と申し入れた。

 県でも久保繁商工労働部長に対し、西村副社長は同様の説明に終始した。久保部長は「もし何かあった場合、雇用を最重点に考えてほしい」と訴えた。


  • LINEで送る