伊勢丹松戸店閉店へ 2018年3月21日、赤字続き

  • LINEで送る

2018年3月での閉店が決まった伊勢丹松戸店=松戸市
2018年3月での閉店が決まった伊勢丹松戸店=松戸市

 三越伊勢丹ホールディングスは28日、松戸市の百貨店「伊勢丹松戸店」を2018年3月21日に閉店すると発表した。消費低迷や競争激化で営業赤字が続き、将来的に収益の改善が見込めないと判断した。

 同店は1974年にオープン。本館(地上11階、地下1階)と新館(地上9階)からなり、合計の店舗面積は約3万1千平方メートル。95年の新館増床に伴い、96年度の売上高は336億円とピークを迎えたが、2016年度には181億円まで減少。08年度以降、営業赤字が続いていた。

 閉店理由について、記者会見した同社の白井俊徳取締役常務執行役員は、昨年から松戸市や建物のオーナーと協議してきたが、収益改善の見込みが立たなかったと説明。同社広報は「インターネット通販や郊外型ショッピングセンターなどとの競争が激しく、厳しい状況が続いていた。日常利用の強化へ13年に売り場を大規模に改装したが、収益が上がってこなかった」とした。

 同店で働く従業員のうち、正社員は配置転換とし、契約社員は希望者を他店舗で再雇用する予定だ。同店の建物は米国の投資会社の所有で、今後の跡地利用について松戸市に情報は入っていないという。

 同店を巡っては8月、存続に向け、市がフロアの一部を21億円で約10年間借りる債務負担行為を盛り込んだ補正予算案を市議会に提案。だが、議会側から「民間企業に公金を投入する理由を市民に説明できない」などの批判が相次ぎ、債務負担行為を削除した修正案が今月25日に可決され、撤退の可能性が高まっていた。

 本郷谷健次市長は「誠に残念。市としては、中心市街地の活性化など行政課題の解決に向けて引き続き頑張ってまいります」との談話を発表した。