魚食堂

写真・題字:安原直樹


照りにいとおしさ ウナギの炊き込みご飯

  • LINEで送る

 吉行淳之介さんの小説『焔の中』は、第2次世界大戦末期の1年間に材をとっている。

 主人公が、1945年の東京大空襲で蒸し焼きになったサケ缶を使って雑炊を作る場面がある。「焼けたカ ・・・

【残り 648文字】