図書・報告書1089冊を紹介 『千葉県の動物・植物の本総目録』(三沢博志編)

  • LINEで送る

 千葉県の生物について、今までどんな本が出ているのか紹介した『千葉県の動物・植物の本総目録』(2012)が三沢博志氏により自然誌文献調査会から出版された。

 最初は自分のために書きためた資料を多くの人に役立ててもらいたい、と出版までこぎつけた。なにしろこの本による紹介は、図書・報告書などタイトル数934で、冊数は1089冊に上る。これにほぼ全部目を通し、内容を簡潔にまとめたもので、記載は編著者名、出版年、書名、頁数、発行所、発行地、解題(かいだい)、所蔵機関である。項目は生物全般、植物、動物全般、哺乳類、両生類・爬虫類、鳥類、昆虫類、水生生物、索引、付録となっている。例えば「巻末に引用文献あり」とあって内容を詳しく知りたい人にとって、ありがたい情報である。

 この本は2001年の三沢氏による『船橋市自然誌関係文献目録』が基底となっていて、これを踏まえての今回の本と言える。

 この本の特徴は「解題」つまり本の内容などと、所蔵図書館の紹介である。

 また、約1千冊の本を読みこなし、的確に記述した力作で、このことは並大抵のことではなく、極めて貴重な本である。

 本代・送料を含めて2000円を現金書留で三沢博志氏へ。〒274-0063 船橋市習志野台3の3の1の503。(川名興)