忠臣・道灌を尊敬 南総里見八犬伝(16)

  • 0
  • LINEで送る

 享徳の乱や長尾景春の乱などを通し、扇谷(おおぎがやつ)上杉氏の臣として戦い抜いた忠臣・太田道灌(どうかん)は、古河公方・成氏(しげうじ)と、幕府から派遣された堀越公方との間に和睦が成立した後は ・・・

【残り 1037文字】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン