圧倒4ゴール 柏レイソル

柏-福岡 前半25分、柏・江坂が先制ゴールを決める=三協F柏
柏-福岡 前半25分、柏・江坂が先制ゴールを決める=三協F柏

 明治安田J2第38節(27日・三協フロンテア柏スタジアムほか=11試合)首位柏は福岡に4-0で快勝し、2連勝で勝ち点75とした。千葉は山口に2-3で競り負け2連敗。同39で17位は変わらない。

(2)三協F柏(柏1勝1分)

柏4 2-0 0福岡
   2-0
▽得点者
【柏】江坂(10)、オルンガ2(18)、マテウスサビオ(5)
▽観衆9850人

 【評】柏は4ゴールで終始圧倒した。前半25分に三原のパスから好機をつくり江坂が先制点。オルンガが同36分と後半4分に2点を奪い、マテウスサビオも追加点を挙げた。染谷らの好守で、2戦連続無失点。福岡は前半から攻め手を欠いた。

◆好調三原 2ゴール演出

 FW陣が輝きを放ち4発快勝した柏。中盤からの的確なパスで存在感を示したのがMF三原だった。前半に奪った2ゴールは、いずれも縦パスで好機をつくった。自ら2点を挙げた前節から好調を維持している。

 前半25分にゴール前へ送るロングボールで江坂の先制点を演出。36分には、相手DFの裏を突いた鋭いパスで江坂からオルンガへのアシストをお膳立てした。攻撃の核であるクリスティアーノが不在の中、三原の広い視野は序盤に主導権を握る要因となった。

 7月にJ1神戸から期限付き加入した31歳。神戸時代に3年間指揮を執ったネルシーニョ監督は「非常に経験があってレイソルにアジャスト(対応)してくれている。レイソルに来てここまで活躍してくれるのは私もうれしい」とたたえる。頼もしい男の存在を力に変え、チームは残り4試合全勝を宣言した。



  • LINEで送る