ロッテ加藤翔平、トレードで中日へ 加藤匠馬と交換

千葉ロッテ・加藤翔平外野手
千葉ロッテ・加藤翔平外野手
中日の加藤匠馬捕手(共同)
中日の加藤匠馬捕手(共同)

 千葉ロッテは15日、加藤翔平外野手(30)と中日の加藤匠馬捕手(29)のトレードが成立したと発表した。捕手が不足しているロッテと外野手が欲しい中日の思惑が一致した。ロッテは14日に有吉優樹投手(30)と交換でDeNAから国吉佑樹投手(29)を獲得しており、トレード成立は2日連続。

 加藤翔平は埼玉・春日部東高、上武大を経てドラフト4位で2013年にロッテ入団。俊足が特徴で14、17年には98試合に出場した。昨季からは福田秀、藤原らと競争する立場で出場機会が少なく、今季の成績は20試合に出場して打率2割2分、1本塁打、2打点。

 加藤翔平はロッテを通じて「ここまで9年間、応援していただいたファンの皆さまには本当に感謝をしている。今まで通り全力プレーを心掛け、ドラゴンズの勝利のために頑張りたい」とコメントした。

 加藤匠馬は青山学院大からドラフト5位で15年に中日入団。強肩が武器で19年には92試合に出場した。今季の1軍出場はない。中日を通じて「井口監督が僕の先輩(青学大)なので、リーグ優勝、日本一になって胴上げできるよう頑張りたい」と意気込みを語った。



  • LINEで送る