千葉ロッテ、清田と契約解除 再びルール違反判明で

清田育宏外野手
清田育宏外野手

 千葉ロッテは23日、清田育宏外野手(35)と同日付で契約を解除したと発表した。同選手が1日の無期限謹慎処分解除直後に新型コロナ感染防止のため球団から制限されている不要不急の外出を複数回行ったことが判明し、球団が選手契約を維持できないと判断したため。

 同選手は昨秋、遠征先の札幌で禁止されていた部外者との会食を球団に報告せず虚偽の説明をしていたことが写真週刊誌「FRIDAY」の報道で1月に判明し、球団から無期限謹慎の処分を科された。5月1日に解除されたが、同月中旬に家族以外の女性と東京都内で複数回会っていたと同誌が21日に報じていた。

 球団は報道を受けて同選手に聞き取りを行い、再度の規則違反が判明。23日の処分決定後、千葉市内で本人に通達した。球団関係者は「用事のある外出とは捉えられなかった。重く受け止めないといけない。球団の社会的価値を下げる行為」と話した。

 球団広報室は「日頃よりご声援をいただいているファンの皆さま、ご支援をいただいている関係者の皆さまの信頼を裏切る事態を招いてしまったことを深くおわび申し上げます」とコメントした。



  • LINEで送る