【千葉魂】ロッテ安田不動の4番へ 手応え感じた本拠地今季1号

7日のオリックス戦の7回、右越え2ランを放つ安田=ZOZOマリン
7日のオリックス戦の7回、右越え2ランを放つ安田=ZOZOマリン

 弱冠21歳の若者が開幕から4番を任されている。強力マリーンズ打線の軸を担うのは安田尚憲内野手だ。昨シーズン、チームの誰よりも多く4番を打ってきた。そして今年は不動の4番への道を歩もうとしている。

 開幕から15試合を終えた。パ・リーグ5球団、一通りと戦い終えたことになる。5連敗スタート。打線がなかなかつながらない時もあった。それでも4番安田が変わることはなかった。このことについて井口資仁監督は「期待をして、そしてこちらは覚悟をもって起用している。安田も覚悟をもって打席に入ってほしい」と強い想(おも)いを口にした。

 安田もベンチの期待を感じているからこそ歯を食いしばり、グラウンドに向かう。オフから取り組んできたのは強いストレートに打ち負けない鋭いスイング。会得するために1月の自主トレ、2月のキャンプと徹底的にバットを振る日々を繰り返してきた。

    □     ■    □

 手応えを感じた試合がある。4月7日のバファローズ戦(ZOZOマリンスタジアム)。4対2。2点リード、七回1死二塁の絶好の追加点のチャンスで打席が回ってきた。カウント3ボール、1ストライク。「バッティングカウントだったのでストレートに狙いを絞り待っていた」と振り返るようにバファローズ3番手の鈴木優投手のインコース直球に狙いを絞りフルスイング。一撃で仕留めた。打球は低い弾道でファンの待つライトスタンドに吸い込まれていった。これが安田にとって本拠地では今季1本目の本塁打。悠々とダイヤモンドを一周する若き主砲の姿をベンチで指揮官はうれしそうに見つめた。

 「開幕からなかなか結果を出せなくて、しんどいこともありましたけど、首脳陣や先輩方が『前向きに行け』と声を掛けていただき明るく振る舞ってくださったので、下を向かずに明るく前を向くことができました。打席でもたくさんチャンスでまわしてくれる。周りから勇気をいただいています」と安田。14打点で現在、リーグトップ。バックアップしてくれる周囲に感謝の言葉を述べる。

    □     ■     □

 4番はそのバットで勝利を呼び込む。その一打でチームを窮地から救い、勝利へと導かなくてはならない。強い覚悟と責任の伴う打順。だからこそ安田はさらなる高みを目指す。

 「もっともっとしっかりと打てる打者にならないといけない。ストレートに関しても150キロ、155キロを超えるストレートを確実にスタンドインできる打者になりたい。相手のエース、抑えの切り札が決めにきたストレートを打ち返せる打者になりたい。それが今年の目標」と意気込む。

 ペナントレースはまだ始まったばかり。あと128試合の激闘が待つ。その中で、4番安田で勝ったといえる試合を何試合つくれるか。期待を込めて井口監督は主軸に起用する。その想いに応えようと若武者は強く意気込む。まだ肌寒い日々は続くが背番号「5」はいつも汗だくになりながらバットを振る。託された想いは尊い。

(千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)



  • LINEで送る