中森「ここからが勝負」 年上同期に刺激 新人合同自主練習 千葉ロッテ

新人合同自主練習でダッシュする千葉ロッテ・中森=さいたま市(球団提供)
新人合同自主練習でダッシュする千葉ロッテ・中森=さいたま市(球団提供)

 千葉ロッテのドラフト2位ルーキー、中森俊介投手(兵庫・明石商高)が12日、さいたま市のロッテ浦和球場での新人合同自主練習後にオンライン取材に応じた。高校2年時に甲子園春夏連続4強の右腕は「ここからが勝負。しっかり努力してアピールし、いち早く活躍したい」と意気込んだ。

 投手の高卒新人は自身のみで、1位指名の鈴木昭汰投手(法大)ら年上のドラフト同期と一緒に汗を流す。キャッチボール相手の鈴木には球の強さに驚きを感じたという。「こういう人が上のレベルでやっていくのだなと思った」

 182センチ、86キロと屈強な体格だが「あぐらもかけないぐらい股関節が硬い」と柔軟性を課題に挙げた。寮の部屋では日課のストレッチを2時間ほど行っている。「1年目に15勝」と高い目標を掲げている。「体をつくってアピールしたい」と言葉に力を込めた。



  • LINEで送る