2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

逆転負けタカと5.5差 有原打てず、優勝崖っぷち 千葉ロッテ

日本ハム戦に敗れ肩を落とす千葉ロッテナイン=ZOZOマリン
日本ハム戦に敗れ肩を落とす千葉ロッテナイン=ZOZOマリン
6回途中5失点で4敗目を喫した千葉ロッテ・美馬
6回途中5失点で4敗目を喫した千葉ロッテ・美馬
5回日本ハム1死二、三塁、宇佐見が右前に逆転の2点打を放つ(共同)
5回日本ハム1死二、三塁、宇佐見が右前に逆転の2点打を放つ(共同)

千葉ロッテ-日本ハム23回戦(ロッテ13勝10敗、13時、ZOZOマリンスタジアム、13219人)

日本ハム000041000―5
千葉ロッテ100000010―2
▽勝 有原18試合7勝8敗
▽S 宮西45試合2勝1敗6S
▽敗 美馬17試合9勝4敗

 【評】千葉ロッテは逆転負けで首位ソフトバンクとのゲーム差が5・5に広がった。一回1死二塁に中村奨の適時打で先制したが、五回に美馬が4失点。二回以降は有原を打てず逃げ切られた。日本ハムは宇佐見が五回に決勝の2点適時打。

   ◇   ◇

 試合後のあいさつを終え、ベンチに引き上げるナインの足取りは重い。千葉ロッテは今季3戦3敗と苦戦していた有原に7回1失点とまたも抑えられ、あっけなく敗戦。首位ソフトバンクが勝ったため、ゲーム差は5・5に拡大した。残り18試合。逆転優勝は極めて難しい状況となった。

 「あそこ(主軸)が打たないと勝つの難しい」と井口監督。3番中村奨、4番安田、5番井上のうち、主軸の仕事を果たしたのは一回に先制打を放った中村奨のみ。安田、井上は無安打に終わり、特に10月の打率1割台と不調の井上は精彩を欠いた。一回1死一、二塁から制球が定まらない有原に対して早打ちし、外角低めの2球目を打って一ゴロ。六回1死一、二塁では併殺打に倒れた。

 安田はいずれも走者がいる場面で四球を三つ選んだ。好機拡大には貢献したが、自らのバットで決める4番の仕事を果たせなかった。7試合連続で打点ゼロと苦しんでいる。

 チーム打率2割3分7厘は12球団最下位。新型コロナウイルス感染拡大の影響で離脱した清田、角中、鳥谷、和田の4野手が1軍復帰したが、打線の歯車がかみ合わない日が続く。19日はプロ初先発する古谷にカード勝ち越しを任せる。習志野高出身右腕は、窮地のチームを白星に導けるか。

◆美馬は4敗目

 千葉ロッテの美馬は六回途中7安打5失点と崩れ、4敗目を喫した。現在9勝で2017年以来の2桁勝利が懸かっていたが、持ち越しとなった。

 三回までは球威、制球とも完璧で一人の走者も許さなかったが、五回に変化球が甘く入り始めて4失点。六回に安打と四球で無死一、二塁とし、樋口に犠打を決められたところで降板した。「良い形でゲームに入れたが、ランナーを出してからのところがうまくいかなかった」と下を向いた。

◆5回に2点適時打 宇佐見

 日本ハムの宇佐見=市柏高・城西国際大出=が逆転の2点適時打を放った。0-1の五回1死二、三塁で美馬の低めのフォークボールを捉えて右前へ運び「内野が後ろに下がっていたので、ゴロを転がせば1点でも入ると食らい付いていった」と笑顔で話した。

 捕手としても有原を好リードして打たせて取った。「明らかなボール球が多かった。途中からカーブをカウント球として使うようになったらまとまった」とうなずいた。



  • LINEで送る