佐々木朗「対応できた」 新人合同トレ打ち上げ 千葉ロッテ

ノックを受ける千葉ロッテの佐々木朗=ロッテ浦和
ノックを受ける千葉ロッテの佐々木朗=ロッテ浦和
守備練習する千葉ロッテの横山
守備練習する千葉ロッテの横山
ファンにサインする千葉ロッテの佐藤
ファンにサインする千葉ロッテの佐藤

 千葉ロッテの新人合同自主トレーニングは25日、さいたま市のロッテ浦和球場で最終日を迎えた。ドラフト1位新人の佐々木朗(岩手・大船渡高)はノックやキャッチボールで汗を流し、「やりたいことはしっかりできた」と手応えを口にした。

 11日から行ってきた合同自主トレで佐々木朗は、ブルペンには入らずにじっくり調整。ただ、キャッチボールの距離や強度は日を追うごとに上げてきた。けがや不調を訴えることなく「メニューを全てこなすことができて良かった」と振り返った。

 8日の入寮では「不安な気持ちがあるが、思う存分野球ができる楽しみもある」と話していた18歳。“野球漬けの生活”を半月間送り「練習がつらい時もあったが、しっかり対応できた」とうなずいた。春季キャンプへ「不安な気持ちもあるが頑張りたい」と表情を引き締めた。

 佐々木朗ら新人7選手は26日、種市、平沢、藤原ら若手と共にキャンプ地の沖縄県石垣市に先乗りし、自主トレーニングを行う。キャンプは2月1日に始まり、13日に終わる。



  • LINEで送る