【千葉魂】新たな船出の時 井口監督の下、巻き返しの年へ

  • LINEで送る

現役引退後すぐの10月から指揮を執る井口監督。「誰よりもこのチームの事を知っている」と意気込む

 「みんな、しっかりと体を動かしているみたいだね」。そう言うと頬を緩めた。シーズンオフに入っても井口資仁監督は精力的に動き、選手たちの活動をチェックした。マリーンズをどうすれば再浮上させることが出来るか。10月に新監督に就任をして3カ月の時が流れた。つかの間のオフも時間を惜しむように動き回った。補強や練習方法などについて球団フロントと話し合いを重ねた。選手たちともコミュニケーションを深めた。その一方で、子供たちに野球の楽しさを伝えようと全国で少年野球教室を重ねた。そんな多忙な日々の合間、例年のオフよりも選手たちが球場に姿を現しハードなトレーニングを重ねているという情報が耳に入ってきた。選手一人一人が自発的に考え、取り組んでいる。何よりもうれしい事だった。その光景を想像すると、笑みをこぼした。

 「最初は、なかなかそうはいかないけど、自主的にやれるチームを作りたい。時間は誰しも平等にあるけれど、それをどのように使うか。24時間という限られた時間をいかに有効活用するかだよね。選手たちが自主的にどんな体を作ってきてくれるか。自分も楽しみ」

    □     ■     □

 時間を無駄にせず、選手たちが活発な自主練習をしていることに強い手応えを感じる。新しい指揮官として打ち出した方針の中で、自主性と時間の有効活用はメインのテーマの一つ。11月の鴨川秋季キャンプでも「選手が次の練習を待っているような無駄な時間は作らせたくない」と次々とスムーズに練習を行える流れを作り上げた。フリー打撃での待ち時間は現役時代から効率が悪いと考えていた。だから、その間にも打てるようにゲージ近くにも数カ所、マシンやトス打撃をする空間を作った。練習時間を1時間ほど早めに始め、全体練習が早く終わるように設定した。その後の練習は自主練習。打撃を磨くも良し。走り込むも良し。ウエートで体を鍛えてもいい。それぞれが自分のウイークポイントと向き合い、レベルアップをすることを望んだ。

 「キャンプインの2月1日より実戦を行うと選手たちに伝えている。選手たちが、その日にどんな体を作ってきてくれるかが楽しみ。競争はそこから始まるわけだからね。チャンスは与えるけど、結果を出さないと使うことはない。さあ、キャンプインで『今から体を作ります』というのは話にならない」

 直接的には命令はしていない。ただ、競争をあおる策を打ち、自主性が生まれた。来春のキャンプでは競争と刺激を生み出す大きな要素を作った。1、2軍枠を完全撤廃しての選手全員でのキャンプ。従来の2月1日キャンプスタート日の1、2軍振り分けはどこか非効率的に映った。参考材料は前年の成績がほとんど。それでは選手たちの気持ちも高まらない。だから上と下の枠を作らず、同じ場所とメニューで争わせることこそがチームの活性化を生むと考えプログラムを考えた。それは監督就任が決まった時、最初に動いたことの一つでもあった。宿舎もこれまでは差別化していたが一本化する。「寝食を共にすることでコミュニケーションが生まれる。選手も首脳陣もね。いろいろとプラス」。球団に提案し実現した。狙い通りだった。選手たちは年末が近づいても体をイジメ抜くことを止めない。2月1日から始まる競争に照準を合わせるように必死のオフを過ごしている。

    □     ■     □

 「オレは今年まで現役だった。だから誰よりもこのチームの事を知っている。良い点も悪い点もね。ずっと見てきたから。誰よりもこのチームの事を知っている」

 世間には現役引退即監督就任は難しい作業ではないかと捉える風潮もある。だが、若き指揮官はそれを真っ向否定する。今年、1年間、マリーンズで戦った。ベンチのど真ん中に陣取り、つぶさに様々な現象を観察してきた。誰がどう悩み、何を望み、いかにありたいと思っているのかを肌で感じてきた。そして誇れるマリーンズがどうして、どん底に沈んでいったのかという過程と状況も詳細に知っている。それは絶対にプラスになると考えている。だからこそ1年目から勝負をかける。

 「メジャーに行って日本に戻ってきた時、ちょっとした浦島太郎状態だった。わずか数年でこんなに野球は変わるのかと思った。選手も変わっていた。情報を入れて状況を把握するのに少しばかり時間がかかった。そういう意味で今回、すぐに監督という仕事を任されたことをとてもプラス。違和感なく入ることができる」

 捲土(けんど)重来の巻き返しに燃える選手たち。そして歴史的大敗を喫したチームを任され1年目からの再建に闘志をみなぎらせる若き指揮官。年の瀬の雑踏の中でマリーンズのいろいろな思いが交差する。新たな船出の時が近づいている。2018年。新たなシーズンは最後方から、一気にまくる。

(千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)