ふなっしー選手契約し登場 千葉ジェッツ信州戦 「レイアップシュート鍛えた」

Bリーグ1部の千葉―信州戦に登場したふなっしー(右端)=船橋アリーナ(Bリーグ提供)
Bリーグ1部の千葉―信州戦に登場したふなっしー(右端)=船橋アリーナ(Bリーグ提供)
Bリーグ1部の千葉―信州戦に登場したふなっしー(左)=13日、船橋アリーナ(Bリーグ提供)
Bリーグ1部の千葉―信州戦に登場したふなっしー(左)=13日、船橋アリーナ(Bリーグ提供)

 船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」が13日、同市を本拠地とするバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の千葉と期限付きプロ選手契約を結び、船橋アリーナで行われた信州戦前にパフォーマーとして出場した。

 特製ユニホーム姿の梨の妖精は甲高い声で「ヒャッハー」と叫びながらコート上を疾走。選手紹介で背番号「274」が読み上げられると客席から拍手が起こった。千葉のマスコットキャラクター「ジャンボくん」とチアリーダー「スタージェッツ」らと共にファンを沸かせた。

 千葉と期限付きプロ選手契約を結ぶのは2年連続。記者会見では「2年連続で千葉と選手契約できてうれしいなっしー。こんな時期だけど、みんなでバスケを楽しんで盛り上がっていければいいと思いますなっしー」と話した。ベンチ入りはできなかったが、この日に向けて「レイアップシュートを鍛えてきた」と明かした。

 千葉のオフィシャルパートナー「小久保製氷冷蔵」(八千代市)の提供で実現。ふなっしーは14日の第2戦にも登場する。同社の小久保龍平社長から梨6個が報酬として送られた。



  • LINEで送る