仲間と一生の思い出を 市原緑・田中大地主将 選手宣誓

 「日ごろ支えてくれた家族、仲間、先生方に感謝し、ことしの夏が最高の仲間と一生の思い出になるよう、最後の一瞬まであきらめずにプレーすることを誓います」

 選手宣誓を務めた市原緑の田中大地主将。球場全体に響き渡るように言葉を区切って声を張り上げ、右手を真っすぐと突き上げた姿が陽光に映えた。

 部員と相談して完成した宣誓文でこだわったキーワードは2度口にした「仲間」。3年生は3人。昨秋にチームがバラバラになったときも、3人で力を合わせ最後の夏を迎えられた喜びが込められている。


  • LINEで送る