第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

中央学院-八千代 7回裏八千代2死二、三塁、西木が走者一掃の右越え適時打を放ち三塁へ滑り込む=柏の葉

若松-拓大紅陵 力投する若松の伊藤=ゼットエー

安房―翔凜 9回裏翔凜2死一塁、泉谷が右前打を放つ=袖ケ浦市営

大多喜ー八街・佐原白楊・わせがく=13日、ナスパ

第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会の開催準備を進める関係者=10日午前、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム

木更津総合―東海大市原望洋 9回表木更津総合無死一塁、野尻が適時二塁打を放ちサイクル安打を達成する=23日、ZOZOマリンスタジアム

市船橋-千葉商大付 8回表千葉商大付無死一塁、宮川が左翼へ2ランを放つ。球場改修前最後の本塁打となった=千葉県総合SC

習志野-中央学院 10回裏中央学院無死、サヨナラ本塁打の青木(中央)を迎える中央学院ナイン=ZOZOマリン

船橋北-我孫子 9回表我孫子2死三塁、適時打を放ち喜ぶ佐藤颯=青葉の森



高校野球ドキュメント100

柏陵時代の写真を見る蒲原弘幸。各校の教え子から食事会の誘いなど連絡は今も絶えず、「指導者の冥利(みょうり)に尽きる」=2月、千葉県内

「高校野球に後悔はない」と20年前を振り返った多田野数人。現在は日本ハムのプロスカウトを務める=鎌ケ谷市

第80回選手権東千葉大会の決勝・成田戦で力投する八千代松陰の多田野=1998年7月29日、千葉マリン

第55回全国高校選手権の2回戦で江川を擁する作新学院(栃木)に勝利した銚子商を報じる1973年8月17日の千葉日報

銚子商を引っ張る宮内竜志。「東千葉は打てないと勝てない」と打力も磨いてきた=銚子市

最終電車が来るまで練習し続けたのは「男の意地」と話す石毛宏典=東京都内



第100回全国高校野球千葉大会

ページ