多古祇園祭/八坂神社ほか

  • 0
  • LINEで送る

 江戸時代から続いているこのお祭りは、天保10年に作られたという新町の山車や、本町・中町・高根の各町から繰り出された山車が華やかに町中を練り歩きます。

 また、千葉県無形民族文化財に指定されている「しいかご舞」は古く、元明元年(707)から伝わるもので八坂神社氏子三町から選ばれた10名が猿・獅子・鹿の面をつけ、豊作・無病息災・雨乞い等の願いをこめた農民達の素朴な踊りを奉納します。中でも一番の見どころは、10mもある「つぐめ柱」での猿(猿の役の若者)の曲芸で、観客の目を引きます。

【日時】7月25日(火)~26日(水) しいかご舞 / 19:00頃~
【場所】八坂神社ほか/香取郡多古町多古
【交通】成田空港第2ターミナルビルから
    多古-空港間シャトルバス約25分「多古町役場前」下車徒歩3分
【問合せ】多古町役場産業経済課 TEL 0479(76)5404