中島の梵天立て/中島海岸(木更津市)

  • LINEで送る

 毎年1月7日早朝、中島区の若衆たちが掛け声も勇ましく厳寒の海へ飛び込んで、5m余りの竹の先に御幣(ごへい)をつけた「梵天」を海中に立てるという勇壮な行事です。この間、海岸では、行人(ぎょうにん)たちが般若心経を唱え、五穀豊穣・浜大漁などを祈願します。江戸時代の元禄年間に、ふりかかった災難を出羽三山(でわさんざん)信仰によるご利益で解決したことから始まったと伝えられており、この年に成人を迎える若者が中心となる一種の成人儀礼として、300年以上続いてきた民俗行事です。

開催日 1月7日(木)早朝
会 場 中島海岸(金田さざなみ公園近く)/木更津市中島
交 通 JR内房線巌根駅からタクシー15分
問合先 TEL(0438)22-7711 木更津市観光協会