論説

要対協の機能強化が鍵 市原・乳児死亡事件の教訓 【論説】

 衰弱状態で放置された生後10カ月の乳児が死亡した事件で、市原市の第三者委員会「市要保護児童保護施策審議会」(川崎二三彦会長)が検証報告書を小出譲治市長に提出した。報告書は、「要保護児童 ・・・

【残り 831文字】



  • LINEで送る