ちばの選挙

森田氏大差で3選 実績評価、自公も後押し 【’17千葉県知事選】

 任期満了に伴う知事選は26日に投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の森田健作氏(67)が3選を果たした。前浦安市長の松崎秀樹氏(67)、元県立高校教諭の角谷信一氏(62)、元建設会社員の竹浪永和氏(42)の無所属3新人を大差で退けた。自民党と公明党の支持を受けた森田氏は、2期8年間の実績や2020年東京五輪・パラリンピック8競技開催を踏まえた県政の安定継続を訴え。高い知名度も武器に「信任」を得た。投票率は31・18%で、前回4年前(31・96%)を0・78ポイント下回った。

 選挙戦で森田氏は、五輪効果の波及や東京湾アクアライン通行料800円恒久化の推進を打ち出し「次世代に向けて千葉を磨き上げる集大成に」と主張。道路整備などに比べた遅れを指摘された福祉分野は、医師・看護師奨学金制度の積極活用や保育士給料かさ上げによる人員確保を掲げた。

 出馬を固めた昨年末から自民・公明と連携を再確認。経済団体も後押しした。

 森田氏の県政運営を「市町村に寄り添わない」と強く批判し、市長職を辞して挑んだ松崎氏は、一部の首長や議員の賛同も得て「県民目線で働く知事」への交代を訴えたが、届かず。

 県政転換を求める市民団体が擁立した角谷氏は、若者の進学・労働環境改善や弱者支援を重視。共産党や自由党の応援も受けたが、支持の広がりに欠いた。

 当日有権者数は514万8908人(男255万8796人、女259万112人)。


  • LINEで送る