ちばの選挙

千葉県議選きょう投開票 深夜に大勢判明 期日前4割増投票率も焦点 千葉市議選も審判 【ちば県議選2015】

 統一地方選の前半戦となる千葉県議選と千葉市議選はきょう12日、投票が行われ、即日開票される。県議選(定数95、46選挙区)は無投票当選の18選挙区を除く28選挙区で110人が71議席を争い激戦を展開。13日午前0時ごろには大勢が判明し、新たな顔ぶれが出そろう見通しだ。安定多数の維持を掲げた自民党と、勢力拡大を目指した民主党など各党に県民の審判が下る。期日前投票は前回同期と比べ4割増加しており、投票率も焦点だ。

 選挙戦となった28選挙区の党派別公認候補者は、自民34人、民主18人、公明8人、共産12人、維新の党7人、社民党2人、市民ネット2人、次世代の党1人、無所属26人の計110人。現職57人、元職3人、新人50人。

 無投票の18選挙区では自民20人、民主3人、無所属1人の計24人が当選を決めている。

 投票は12日午前7時から午後8時まで、無投票区を除く28選挙区の1041カ所で行われる。

 前回投票率は県政史上過去最低の40・04%で全国ワースト2位。昨年末の衆院選から4カ月後の大型選挙ということもあり、今回も投票率低下が懸念されている。

 県選管が11日発表した投票日2日前(10日現在)の期日前投票状況は20万8346人で、19選挙区が無投票だった2011年の前回同時期に比べ6万818人(41・2%)増えている。

 増加が目立った市区町村は、船橋市が前回比5950人増の2万5229人、松戸市が同4165人増の2万5160人、市川市が同4101人増の2万442人など都市部の激戦区に多かった。減少したのは大網白里市のみで131人減の1885人だった。

 不在者投票は前回比448人増の7877人。

 28選挙区の11日現在の有権者数見込みは399万4432人(男198万8455人、女200万5977人)。


  • LINEで送る