2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ちばの選挙

大仁田氏は不出馬 袖ケ浦市長選

 任期満了に伴う袖ケ浦市長選(18日告示、25日投開票)に立候補する意欲を示していた元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏(57)が14日、木更津市役所で記者会見し、同市長選に出馬しないことを表明した。

 大仁田氏は「袖ケ浦の全体像やいろいろな人たちの考え方を自分の中で集約しきれず、今回の選挙には出馬しない決意をした」と説明。「まだまだ勉強不足だった。市民の人たちと(十分に)話をすることもできなかった。そこに住むことが前提だと痛感した」などと述べた。

 4年後の同市長選については「今のところ何も考えていない」とした。

 これで同市長選は、すでに立候補届け事前審査を完了している現職の出口清氏(69)と元市議で新人の福原孝彦氏(59)の一騎打ちとなる公算が大きくなった。


  • LINEで送る