2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ちばの選挙

大仁田氏「出馬に意欲」 袖ケ浦市長選

 任期満了に伴う袖ケ浦市長選(18日告示、25日投開票)で、元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏(57)が1日、東京都内で記者会見し、「出馬の意欲がある。週明けにも正式に発表したい」と述べ、無所属で立候補する意思があることを表明した。

 大仁田氏は、今年7月に同市内で開催されたプロレス興行のため、2月ごろから市内で営業や宣伝活動を行ってきたと説明。「隣の木更津は繁栄しているのに、なぜ袖ケ浦はこんなに簡素なのかと感じた。何とかできないかと思った」と経緯を述べた。

 その上で、「袖ケ浦に縁もゆかりもないとの批判は承知の上で興味を抱き、(市の)問題点を考えてきた」と指摘。「地方の特色を生かしながら商店街を変えていくしかない。その土地に生まれてないからこそ分かることはたくさんある」などと述べた。

 大仁田氏は東京都品川区在住で、2001年から6年間、参院議員を務めた。


  • LINEで送る