2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ちばの選挙

出口氏が3選出馬表明 「市民参画」など訴え 袖ケ浦市長選

 任期満了に伴う袖ケ浦市長選(10月18日告示、25日投開票)で、現職の出口清氏(69)=2期=が31日、木更津市役所で記者会見し、3選に向け無所属で立候補すると表明した。

 出口氏は、私立保育園の誘致や、JR袖ケ浦駅海側の土地区画整理事業などに取り組んできた実績を強調し、「将来の発展を見据えたまちづくりが花開きつつある」と説明。2010年度にまとめた市総合計画(計画期間10~19年度)の策定責任者として「将来都市像を実現する責務がある」と決意を語った。

 市民のアイデアを結集した「市民参画のまちづくり」を進め、椎の森工業団地への企業誘致や若者の雇用創出などを3期目の基本政策に掲げた。

 出口氏は元東京電力社員で、市議を経て07年から現職。産能短期大学通信教育課程卒。野里。

 現在のところ、他に同市長選への正式な出馬表明者はいない。


  • LINEで送る