ちばの選挙

当確の花に沸き立つ 「自公協力で議席獲得」 自民党千葉県連 【ちば衆院選】

  • LINEで送る

 投票締め切りと同時に当確の一報が続々と舞い込んだ千葉市中央区の自民党千葉県連。詰めかけた幹部たちは大きな拍手で沸き返り、候補者のポスターには当確の花が咲き乱れた。

 自身も候補者だった桜田義孝代表は「全選挙区で連立を組む公明党からの推薦を受け、自公が協力して多くの議席を獲得した」と評価。「アベノミクスが評価されたことが勝利につながった」と胸を張った。

 浜田穂積幹事長は野党の選挙区調整について「統一候補と争った選挙区では苦しい戦いとなった」と振り返る一方、「今回の解散の意義が有権者に幅広く浸透しなかったことで関心が高まらなかった」と低投票率の理由を分析した。