ちばの選挙

香取市長、宇井氏3選 病院建て替え具体化へ

 任期満了に伴う香取市長選は27日投開票され、無所属で現職の宇井成一氏(55)=自民・公明・民主推薦=が、無所属の新人で旧佐原市助役の石引庄一氏(57)を破り、3選を果たした。選挙戦は県立佐原病院と国保小見川総合病院による「地域医療の在り方」が争点となっていた。今後、建て替えによる新病院建設方針が示されている小見川総合病院の具体的な方向性が打ち出されることになる。

 宇井氏は佐原病院との統合・再編案を公約に掲げ、5年後をめどに建て替える方針の小見川総合病院について「病院を存続させるために佐原病院とのタイアップが必要。北総地域、茨城県南部も含めた地域医療を確立させたい」と力説。3政党と連合千葉の推薦を受け選挙戦を展開しながら、東日本大震災後の対応など2期8年間の実績を強調。町づくり政策を唱え、支持基盤を守った。

 石引氏は小見川総合病院の建て替えで独自案を示して戦ったが支持が広がらなかった。

 投票率は49・12%で、前回(2010年)の37・91%を11・21ポイント上回った。当日有権者数は6万8088人(男3万3409人、女3万4679人)。

◇市長、香取広域市町村圏事務組合管理者、香取市東庄町病院組合長。県ボート協会長、元佐原市議1期。日本商議所青年部連合会副会長。佐原高中退。佐原イ。

◆香取市長選開票結果 =選管確定=
当19498 宇井 成一 55 無現(3)=自民・公明・民主推薦
 13650 石引 庄一 57 無新


  • LINEで送る