ちばの選挙

久野氏擁立取り止めへ 維新・候補差し替え協議 ちば参院選

 夏の参院選千葉選挙区(改選数3)で、日本維新の会が1次公認した久野晋作・前我孫子市議(41)の擁立を取り止め、候補者の差し替えを協議していることが8日、千葉日報社の取材で明らかになった。新たな候補には、昨年の衆院選惜敗者や元県議らを軸に選考が進められているという。

 同選挙区では、同党とみんなの党の“統一候補”で臨むことが両党本部レベルで合意され、維新が久野氏擁立を決定。先月下旬には、県内のみんなの党地方議員連絡協議会に久野氏が招かれ、両党が合同選対形式の組織を設置して共闘する方針も示されていた。


  • LINEで送る