ちばの選挙

現職と新人2人が立候補 2週間の舌戦スタート 2013千葉市長選

  • LINEで送る

 任期満了に伴う千葉市長選は12日告示され、いずれも無所属で、共産党県中部地区副委員長の新人、黒須康代氏(51)=同党推薦=と再選を目指す現職の熊谷俊人氏(35)、行政書士で元千葉市議の新人、今村敏昭氏(56)の3人が立候補を届け出た。26日の投開票に向けて、熊谷市政の1期目の評価を争点にした舌戦がスタートした。

 黒須氏は午前10時から、同市中央区のJR千葉駅前で第一声。支援する共産党市議らが「高齢者の福祉を削っておきながらテレビで『削られるのは自業自得』などと言う冷たい市長は代えよう」と熊谷市政を批判。黒須氏は「千葉市では大型開発が引き続き行われている。これを見直して市民のために使えば、財政健全化と同時に福祉、暮らしに使うための財源は十分に確保できる」と訴えた。

 熊谷氏は午前10時から同区の中央公園で第一声を上げ、自民や公明、民主党など県内選出の国会議員らが駆け付けた。熊谷氏は1期目の実績を強調した上で「人生の全てを懸けて、千葉市のために皆さんと一緒にまちづくりをしていきたい」と呼び掛けた。公明党の衆院議員は「自民と公明が与党として、今後4年間の市政を支えられるように政策を訴えてもらいたい」とあいさつした。

 今村氏は午前10時すぎ、同区の選挙事務所近くで第一声。「4年前は熊谷さんをこん身の力で支えた。千葉市を根底から変えてくれると期待したから。しかし財政を削っただけ。誰が市長になってもできることしかしなかった」とまず熊谷市政を批判した。集まった支援者にトップセールスによる企業誘致や新規事業で税収増を実現すると約束。その後JR蘇我駅前などで、持論を訴えた。

千葉市長選立候補者(上から届け出順)
  黒須康代 51 共産党地区役員 無新(共産党推薦)
  熊谷俊人 35 無現(1)
  今村敏昭 56 行政書士 無新