ちばの選挙

元気で災害に強いまちへ 一宮町長選で玉川氏大勝

 現職と元職の一騎打ちとなった一宮町長選は13日投開票され、現職の玉川孫一郎氏(66)=無所属=が、元町長の渡辺英光氏(75)=無所属=を下して再選を果たした。防災問題を争点に最後まで激しい戦いが続けられたが、実行力と町政改革の実績が評価され、結果は1305票の大差。「4年間のまちづくりが理解してもらえた。情報公開と住民参加の姿勢は今後も堅持する」と決意を語った。

 玉川氏は午後9時45分すぎ、早々と入った当選の報に支持者との握手で喜びを表現。選挙事務所前で約200人の支持者とバンザイを連呼し当選を祝った。選挙の立ち上がりが遅れたが、連合千葉から推薦を受ける追い風も。「後半は勢いが出て、良い感触で選挙を乗り切れた」と振り返った。


  • LINEで送る